眼瞼下垂専門サイトご挨拶

-GREETING

眼瞼下垂は形成外科では非常にポピュラーな手術です。しかし左右にある臓器ですので、目を開けた時の黒目の大きさと、二重の幅の大きさを同時に左右対称に仕上げるのは簡単ではありません。しかも患者さんの好みの二重にしなければなりません。これには術者の経験と審美眼が必要です。手術当日のデザインのときに鏡を見ながら術後どうなるかシミュレーションしますので、自分の好みを教えてください。手術は小一時間で終わります。手術を受けようかどうしようか悩んでいるよりも、どうぞいちど相談にいらしてください。瞼を改善すると日常生活が大変楽に過ごせるようになると思います。

蘇春堂形成外科

理事長・院長 野平久仁彦

IMG_4683.JPG.jpg
細いストライプ

眼瞼下垂についての取材動画

-DOCTOR VIDEO

眼瞼下垂について取材を受けた際の映像です。眼瞼下垂の治療についてだけではなく、蘇春堂形成外科についてや医師としての考え方や患者さんに対しての思いなどについてもお話させていただいております。

札幌形成外科 (5).png
札幌形成外科 (4).png
札幌形成外科 (1).png
札幌眼瞼下垂.jpg

眼瞼下垂は視野が狭くなる病気

-BLEPHAROPTOSIS

高齢者の眼瞼下垂は、加齢に伴い瞼(まぶた)を上げる筋肉が緩んだり瞼の皮膚が垂れ下がり視野が狭くなる病気です。当院では、瞼を楽に開けられるようにするだけでなく、美容外科の技術を用いて仕上がりをきれいにすることに重きを置き、局所麻酔による外来手術を行っています。若い人でも生まれつき目が開けづらい「先天性眼瞼下垂」の治療や、自費診療になりますが、一重をきれいな二重にする手術も専門に行っています。

細いストライプ

眼瞼下垂の原因

-CAUSE

眼瞼下垂の多くは、瞼を上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉の先に付いている眼瞼挙筋腱膜(がんけんきょきんけんまく)という薄い膜が、本来、瞼の板(瞼板(けんばん))にくっついているのが緩んでしまい、自分では十分に開けられない状態になっています。ですから訓練によって改善することはできません。

札幌眼瞼下垂.jpg
札幌 眼瞼下垂.jpg

眼瞼下垂の治療

-TREATMENT

眼瞼下垂は手術により緩んだ眼瞼挙筋腱膜(がんけんきょきんけんまく)を適切な位置に固定してあげることで改善します。眼瞼下垂は病気ですので、健康保険の適用になります。皮膚を切開したあと、はがれた眼瞼挙筋腱膜を引き出してきて、瞼を上げる力が丁度よくなるように調節して瞼板に固定します。さらに二重(ふたえ)の幅を調節して皮膚を縫合します。二重の幅は患者さんの好みによって広くも狭くもできますので相談の上で決めます。よく一重のままで良いという方がいらっしゃいますが、二重のラインの固定は術後に皮膚が垂れ下がってくることを予防するために行うものですから、長持ちのする結果を得るために重要なポイントです。

眼瞼下垂手術に用いる医療機器

-MEDICAL DEVICES

札幌眼瞼下垂.jpg
札幌眼瞼下垂.jpg

CO₂レーザーメス

CO₂レーザーメスはとても小さいレーザー光で切開するため、微細な点にこだわることができるメスです。切れ味が鋭いことと、出血量を少なくできることが最大の特徴です。更に、レーザーの当たるポイント以外の細胞へのダメージを抑えられることで切開部の腫れが少なくなることも利点です。

札幌眼瞼下垂.jpg

マイクロスコープ

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を使った手術のことを鏡視下手術、顕微外科、英語ではマイクロサージャリーと呼びます。当院では瞼の手術をこのマイクロサージャリーで行います。瞼は非常に繊細な組織で小さなズレも許されないため、顕微鏡を使った細やかな処置が必要です。

眼瞼下垂とそれに関わる治療

-TREATMENT

札幌眼瞼下垂.jpg

日本最高峰の技術を有する形成外科として 

​常に技術力向上を惜しまずベストな結果を提供する。

眼瞼下垂専門サイト監修医

-DOCTOR

札幌眼瞼下垂

医療法人社団蘇春堂形成外科

理事長・院長 野平久仁彦

札幌 眼瞼下垂.jpg

医療法人社団蘇春堂形成外科

副院長 矢島和宜

蘇春堂形成外科について

-CLINIC

​医療法人社団 蘇春堂形成外科

〒060-0061

北海道札幌市中央区南1条西4丁目 大手町ビル2階

診療時間:月・火・木・金 10:00~18:00 / 水・土 10:00~14:00

電話番号:011-222-7681

アクセス:地下鉄大通駅から徒歩3分

札幌眼瞼下垂.jpg